高齢の方、障害のある方、旅&鉄道ファンなら全員集GO!


by taiyo-hospitality

ユニバーサルツーリズムに向けて

f0195579_15310281.jpg


f0195579_15301659.jpg

f0195579_15304328.jpg

f0195579_15310281.jpg


f0195579_15312278.jpg

ここ数年、6月はNPO法人日本バリアフリー旅行推進機構のシンポジウム、8月は自閉症カンファレンスNIPPON、9月は日本特殊教育学会のそれぞれの会場でポスター発表・セッションを行っています。

旅行・観光業界では知的障害や自閉症圏の人たちは対象ではあらず。自閉症支援で旅行は対象にならず。学校教育で旅行を人生のお楽しみにつなげる発想はあらず。

観光庁ではユニバーサルツーリズムを下記のように定義しています。<国交省HPより>
「ユニバーサルツーリズムとは、すべての人が楽しめるよう創られた旅行であり、高齢や障がい等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行を目指しています」

観光庁は、厚労省と文科省と連携しなければユニバーサルツーリズムは成しえません。大手旅行会社には、障害福祉や高齢者介護のノウハウはないのですから。経済最優先の政府の号令のもとでは、大手旅行会社がもうからないからと言ってそっぽを向いていてもおとがめなし。手っ取り早く儲かる「外国人」対応は、それなりに早い対応ですが。

経済最優先政策でも構いませんが、それを実行するには「弱者が虐げられない社会」になっていることが前提でしょ。



[PR]
by taiyo-hospitality | 2017-12-18 15:48 | ノーマライゼイション | Comments(0)