高齢の方、障害のある方、旅&鉄道ファンなら全員集GO!


by taiyo-hospitality

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

静岡⇔稚内往復列車の旅

某旅行会社のフルムーンツアーの添乗から戻ってきました。利尻島・礼文島をめぐるツアーですが、静岡⇔稚内往復列車(新幹線・白鳥・北斗・サロベツ)の旅でした。
自閉鉄ちゃんに持ってこいの内容だな~と思いながら、片道2日往復4日間列車に乗ってました。f0195579_1435548.jpgf0195579_14361988.jpg
[PR]
by taiyo-hospitality | 2009-06-28 22:39 | 一般ツアー添乗記 | Comments(0)

Welcome to 静岡

本日、富士山静岡空港が開港しました。自宅より南西に約10Km。離陸する飛行機を見ることができました。全国の自閉鉄ちゃん、静岡の鉄道に乗りに来ませんか?大井川鉄道、遠州鉄道、天竜浜名湖鉄道、静岡鉄道、岳南鉄道、伊豆箱根鉄道、伊豆急行。JRと組み合わせてガイドヘルプします。
[PR]
by taiyo-hospitality | 2009-06-04 16:28 | 静岡空港 | Comments(0)

声掛け 路線バスにて

本日、ガイドヘルプの際、特別支援学校の帰宅生徒が乗る路線バスに乗車しました。以前このバスで、運転手さんが運転席横に立っている女生徒に「空いている席があるので座って下さい。座らないと発車しません」とアナウンスしました。この女生徒は後方の席に座り「電車に乗り遅れちゃう」と何度も言っていました。駅で乗り換える電車の時間が心配な生徒さんだったのです。乗り換え時間3分。電車は10分間隔ですが、いつもの3分接続の電車に乗りたいのです。「いいじゃん、一本後でも」でないところの特性を一般の人に理解してもらう啓発活動が自閉症支援に一番必要なことと思っています。

今日の運転手さんは「座らなくてもいいのかな?」と声を掛け女生徒がうなずくと「じゃ、しっかりつかまってるんだぞ」と。交通機関従事者の安全配慮のご苦労はよーくわかります。しかし、今日のバスの運転手さんの方が、光ってる声掛け・対応だと思います。
[PR]
by taiyo-hospitality | 2009-06-02 19:23 | ノーマライゼイション | Comments(0)
5月は、3校の特別支援学校高等部の修学旅行の添乗を担当しました。行き先は2校が九州、1校は沖縄。
飛行機搭乗前のパニック等の心配は付きものですが、今回「自閉さんへの理解不足」を痛感しました。座先でデイバックを抱くことで安心・安定が得られている生徒さんに、CAから「規則ですので、バッグを前の席の下に置いてください」と何度も指示が飛ぶ状況に少し疑問を感じました。わがまま、ずるさ、虚栄心でルールを守らない代議士への対応に苦慮しているからと言って、自閉さんに向かってそれはないでしょ。自閉さんは、欲もずるさもないんだから。しかも生徒さんの両脇に航空会社の指示通りに介助者(先生と添乗員)が座っているのだから。やっぱり世間は(接客業でさえ)自閉症のことを分かっていないんあだなーと実感し、自閉症理解の啓発活動の大切さを感じました。「支援より理解を!理解が最大の支援」です。支援者が見守らなければならないのは、自閉さんのこだわり行動じゃなくて一般の人の無理解です。
[PR]
by taiyo-hospitality | 2009-06-01 21:58 | 養護学校修学旅行添乗記 | Comments(0)