高齢の方、障害のある方、旅&鉄道ファンなら全員集GO!


by taiyo-hospitality

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

国立競技場に、高校サッカー準決勝の観戦に行ってきました。施設で就労継続に属し、養護学校のサッカー部OBとしても活躍している彼は自閉症ではありません。「他人に負けたくなくて頑張りすぎてしまう」「不安に弱い」精神系。週一回のガイドヘルプで行くスポーツジムや温水プール、時にはグランドでキーパー練習の中で運動量や他人との競争の意味を考えてきました。
11月頃、国立競技場で高校サッカーを観戦したいと希望がありました。旅費と時間をどうするか。普通列車で慣れない長時間往復は、後日の仕事に影響するかも・・、往復新幹線にして費用のために「一生懸命働こう!」では頑張ることができなかった時、不安定になるだろうし・・。普通列車、高速バス、新幹線の組み合わせによる、所要時間と費用の表を見せて本人に選択してもらいました。間に合うかな~、疲れないかな~、いろいろ不安を訴えてきましたが、行き普通、帰り新幹線に決めました。

当日は、列車事故でダイヤが乱れて早速不安に。乗り換え列車の情報もなく来た列車に乗り、激しい混雑の中、車内放送や駅表示を見て、私に「次は●●駅だね」「あとなん駅だね」と確認。千駄ヶ谷駅を降り、高校サッカーの看板を見て、「やった!着いた!間に合った!」と安心感と喜びを現してくれました。

本人が選択・決定(知的障害があれば、本人が選択できる工夫をして)した目標や目的を成功に導いていくためのコーディネートすることが支援員の大きな仕事ではないでしょうか?そのための支援者のこころ構え、当事者へのまなざしがTEACCHの理念には込められていると思います。
f0195579_1043318.jpg

[PR]
by taiyo-hospitality | 2010-01-10 10:03 | ノーマライゼイション | Comments(0)

今年の目だま!

<< 2月4日 更新 >>
あけましておめでとうございます。今年も、自閉症支援の視点から、みなさんの外出機会が増えるよう頑張ります。
今年の2大ニュース速報をお知らせします。(詳細はホームページに近日UPします)

①新事業「ユニバーサル・バリアフリー旅行促進事業」
 対 象:障害や年齢で旅行に何らかの心配のある方
      個人旅行、家族旅行、夫婦旅行、仲間同士の小グループ旅行、
 目 的:自分スタイルの旅を楽しめるために
 内 容:①旅行同行サービス<有料>
       同行スタッフは、お客様の状態に合わせて旅行の同行を致します。
        旅行中の安全確認・見守り、荷物補助、ペース合わせ、話し相手、介助、介護        
例:
 ・「旅行会社のツアーで、観光地で添乗員や他の参加者とに迷惑をかけないか心配…」
 添乗員や他の参加者とペースが合わなくても、途中で引き返す事になっても、同行スタッフはお客様に合わせてお付き合いするので安心!

 ・「旅行会社のフリープランは格安だが、道中・現地で一人(自分達だけ)なのは心配…」
  「個人や仲間同士だけの旅行は、道中・現地で一人(自分達だけ)なのは心配…」
 そんな場合でも、同行スタッフがいれば安心!

静岡県外からお越しの方⇒静岡空港や駅でのお出迎え~静岡県観光の同行サービスも承ります。

 ②ユニバーサル・バリアフリー旅行情報発信<2月8日OPEN 054-631-9901>
  静岡県と富士山静岡空港からの就航先の、観光に関するユニバーサルデザインやバリアフリー情報を発信します。旅喫茶も開催します。スタッフや旅行好きの方と旅談義はいかがでしょう。

旅行同行サービスを利用して旅行をすることは、日常的にちょっとしたお出掛けが出来ている事やスタッフとの関係作りも大切です。藤枝市発行の障害者手帳をお持ちの方は移動支援制度を利用していただくことで、日常的に当社のスタッフに慣れる機会となります。

この事業は、静岡県ふるさと雇用創出事業で採択され、観光局の所轄となります。福祉というより、県民の旅行促進と、県外からの観光客増が目的です。もし、旅行をためらっている方がいましたら、旅行同行サービスを利用していただき、気兼ねなく旅行をしてみませんか?「静岡空港利用促進」も大きなテーマです。思い立ったら定期便で!そして今年は、ハワイ、スイス、タイにチャーター便が飛ぶそうです。

②自閉症支援勉強会
 基礎~準トレーニングセミナーまで数回の勉強会を行います。
 第1回は5月28日(金) 佐々木正美先生 講演会
 第2回以降、自閉症支援専門家によるセミナー
f0195579_14101517.jpg

 
[PR]
by taiyo-hospitality | 2010-01-01 14:10 | 旅行同行サービス | Comments(0)