高齢の方、障害のある方、旅&鉄道ファンなら全員集GO!


by taiyo-hospitality

<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

昨年クリスマスに、一般バスツアーに参加する形のガイドヘルプを行いました。参加者3名、ヘルパー2名<藤枝市は、利用者とヘルパーの比が3:1まで認められています>。所要時間は6時間を超えるので、市の担当者に事前確認をして承認をいただきました。

ツアー内容は、ホテルでのランチバキング、羽田空港国際線ターミナル、水上バス(日の出→お台場)、六本木ヒルズです。
昼食後、1名が体調不良となり、ツアーから離団。ホテルのロビーでヘルパーが付き添い休憩。回復後、電車を乗り継ぎツアーに合流という場面もありました。
特記することと言えば、見学後集合場所でバスを待っている際に、同じバスのお客さんから本人たちに「寒くない?」「早くバスが来てほしいね~」などと自然な内容で自然に声をかけてもらえたことが挙げられます。障害者かどうか確認もできないので自然に声をかけてもらえたのでしょう。障害者とわかると、がんばってるね!すごいね!という声を掛けられる方が多いですが、それでは本人たちも自然でいられないと思います。福祉ふれあいまつりのようなイベントではない機会でのふれあい。本人たちが一般社会資源を積極的に利用することで、一般の人と自然に交わることの意味は大きいと思います。とは言っても、あくまでも本人の障害程度、障害特性に合わせて、本人にストレスのない形で・・・。
f0195579_1943111.jpg


2011年1月20日追記
 昨年は、11月にも自閉症協会のある支部からも家族参加型旅行の依頼がありました。
 一般資源で、いつもと少し違う旅行を・・・
 そこで、東名高速バス2階建て車両(最前列から6列占領)、御殿場プレミアムアウトレット、御殿場イルミネーション(夜にかかるお出掛け)、新幹線で戻るコースで計画して同行しました。スケジュール提示のため、しおりもつくりました。打合せの際、現地での滞在時間を短く(暇な時間を極力なくす)という意見があり、アウトレットもイルミネーションも滞在は1時間に決定。短い?いや、1時間で大正解でした。自閉さんは暇嫌いです。
f0195579_2020417.jpgf0195579_2021260.jpg
[PR]
by taiyo-hospitality | 2011-01-14 13:45 | ガイドヘルプ紀行 | Comments(0)