高齢の方、障害のある方、旅&鉄道ファンなら全員集GO!


by taiyo-hospitality

<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

鉄ちゃんのガイドヘルプ

藤枝市では、「本人の社会体験のため」の外出は、移動支援で行うことが認められています。
そこで、「岳南鉄道の貨物列車入れ替え作業見学」と「371系あさぎり乗車」も行えるのです。
この時の支援では、会社に問い合わせをするという体験機会を逃してはいけないと思い、岳南鉄道への貨物ダイヤの確認を、本人にFAXで行ってもらいました。岳南鉄道からも、きっちりした返事がFAXで送られてきました。支援学校高等部の彼にとっては、いい社会体験ができたと思います。
吉原本町の女性の駅員さんも気を使っていただき「今日の貨物ダイヤを確認してあげるね」と言って社内電話で確認してくれました。余談ですが、約30分滞在した吉原本町駅では駅員さんの仕事(切符売り・時刻案内・花壇の水やり・ホームのほうき掃除)を見て彼が「駅の仕事っていいな~」と漏らしたことが印象に残ります。鉄道は巨大なシステムでパターン化されています。自閉症圏の人が鉄道に取りつかれるのはそこです。そのパターン化の安心感のある環境であれば、彼らが本来苦手なコミュニケーションやあいまいな内容の仕事も少しずつ慣れてくるのではないでしょうか?この駅は窓口での硬券販売でしたので、必ず駅員とお客の間に会話があり、なんとなくのんびりしたムードも有りました。このように、彼らが外に出て実社会の中から、好きなこと、出来ること、やりたいことを自分で見つけるお付き合いを大いにするべきだと思います。鉄ちゃん支援でいつも感じるのは、好きな事があることがいかに大切か、と言うことです。「鉄道が好き」これは幸せなことです。
f0195579_2339198.jpg
f0195579_23394231.jpg

岳南鉄道存続問題はテレビ局も取材に来ている程の社会ネタです。静岡では。
371系電車の廃止と、あさぎり号の沼津乗り入れ廃止の情報も彼はちゃんと入手済み。
[PR]
by taiyo-hospitality | 2012-02-29 23:41 | ガイドヘルプ紀行 | Comments(0)