高齢の方、障害のある方、旅&鉄道ファンなら全員集GO!


by taiyo-hospitality

<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

自閉症カンファレンスNIPPON2013のポスターセッションで、中部大学松本和久先生と取り組んでいる旅行支援について発表しました。

ASDの人達も修学旅行まで経験しているのに、卒業後は一般の人のように「ツアー」を楽しむ環境(一般社会資源)がない。これは、特別支援学校教諭経験者の松本先生と、支援学校修学旅行添乗員経験者の山内の一致した意見。最近旅行会社が手を付け始めた「介護旅行」は、あくまでも身体的介護の必要な人のための旅行。

本人達に我慢などをを強いる事無く、保護者にも気兼ねのいらないツアーが市場にあれば、本人・保護者が「あの旅行はいいぞ」と、リピーターになる。これはごく普通の市場論理。

マイノリティーがマジョリティーになって社会を変える。福祉資源を増やし、福祉資源につなげるだけでは、彼等は永遠にマイノリティー。一般社会を動かし、彼らが一般資源・地域資源でごく普通に暮らす社会に。彼等は一般社会で生きているのですから。

声を掛けて頂きました、名古屋の方、北名古屋市の鉄ちゃんのお母さん、千葉の方(1階部分が定員3名はJR東海バスのプレミアムシートです)、今年施設の旅行担当になったという男性の方、ご関心を寄せていただきましてありがとうございました。
f0195579_128174.jpg


P.S. 2008年のカンファレンスでは、実践報告O18(18才以上)で「現役添乗員による旅行支援 鉄ちゃんは幸せ」を発表しました。もちろん鉄ちゃんは利用者の名前ではなく、鉄道ファンです。
また、学研「実践 障害児教育」2009.10号、もっと楽しく修学旅行の特集でもコラムでお手伝いさせていただきました。
[PR]
by taiyo-hospitality | 2013-08-26 12:02 | おしらせ/イベント/勉強会 | Comments(0)