高齢の方、障害のある方、旅&鉄道ファンなら全員集GO!


by taiyo-hospitality

<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

車椅子を押して、池袋・サンシャインシティーから池袋駅・山手線⇒東京駅・グランルーフへ。
①サンシャイン60通りで池袋西口へ。JR改札(B1)へは階段のみ。階段手すりにはリフトが付いているが係員を呼ぶ必要がある。東口に移動中、車椅子本人から「トイレ」の要望あり。西武百貨店のトイレを借りる。JR改札(B1)へはやはり階段のみ。再び西武百貨店に入りデパートのエレベーターでB1へ。
②改札で行き先(東京)を告げ、係員を待つ。
③係員「ご希望の号車は?」。山内「じゃ、東京駅のエレベーターは1号車前なので1号車でお願いします」。係員「1号車だと池袋駅の業務電話が8号車付近なので私(駅員)が行ったり来たりするのに時間がかかりますがいいですか?」。山内「なんのこっちゃ」とは言わなかったが、なんのこっちゃ。係員「ホームの1号車前に先に行って待ってて下さい」
④1号車の4番扉の車内に車椅子スペースがあったのでそこで待っていると、戻ってきた係員が「1番扉前で手配済なので1番扉に移動して下さい。あと、東京駅が忙しいらしくまだ返答が来ていないのでもう少しお待ち下さい。それから、東京駅はどの改札口を通りますか」山内「八重洲側を予定してますが、改札口までは決めてません。それから、車椅子なので車内の車椅子スペースに案内してくれると思って4番扉で待ってたんですが・・・?」
⑤3本電車を見送った。別の駅員が来て「東京の係員は今日は忙しの降りる手伝いしかできないと言うんですがいいですか?」山内「さっきまでは、どの改札を通るかまで聞いておきながら・・・。」とは言わなかったが、いったい何の情報が何のために必要なのか!!!」
⑥東京駅着。どの改札口も有人改札通路(車椅子はそこを通るしかない)は1通路しかなく、入場客・出場客がごっつんこ。2人の係員が、精算・運賃ルール、番線案内、道案内、外国人対応、自動改札機チャイム対応等々で列が一向に進まず。
⑦改札を抜けると、車椅子本人から「トイレ」の要望あり。大丸で借用。
⑧グランルーフの案内図に交番横にエレヴェーターのマークが。探せど見当たらず。大丸とパシフックセンチュリープレイスを2往復して交番に聞くがおまわりさんも「知らない」。3往復目、もしやと思い覗いたドアの向こうに・・・

日本人健常者なら、45分の行程ですが、2時間かかりました。
日本に欠けているのは、異(外国人・障害者・高齢者)に対する理解=ホスピタリティー。日本人の日本人による日本人のための自己満足「おもてなし」は、エキゾチック感で注目されているだけ。井の中の蛙の日本人にならぬように。
f0195579_18182756.jpg

エレベーター室への連絡ドアを探せ!!!!!!!!!
[PR]
by taiyo-hospitality | 2013-11-01 18:25 | 旅行同行サービス | Comments(0)