高齢の方、障害のある方、旅&鉄道ファンなら全員集GO!


by taiyo-hospitality

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日本人

公共交通を活かしたまちづくり・・・11月 シンポジウムに参加 中部運輸局主催
地域公共交通セミナー・・・11月 セミナーに参加 中部運輸局静岡支局主催 
講演者が「敵は自家用車」と言った。別の講演会では「敵は雨だとバスを頼ってくる自転車」と言った。懇親会で各講演者に「私は敵は日本人と思います」と伝えた。欧米では、自家用車も自転車も日本同様にあるのに、市民が自ら公共交通にシフトして、公共交通優先のまちづくりが出来ているから。

ジェロントロジー(老齢学・高齢学)・・・12月 シンポジウムに参加 東京大学高齢社会研究機構主催
何年も前から予想は出来ていた高齢化、現に世界初、世界唯一の超高齢社会国になった。でも、対策ゼロ。国は将来の介護費増大に備え今から介護支出抑える(介護サービスを切る)と言うが、介護費増大にならないために介護予防に強化すればいいだけのこと。
さらに今の高齢者は「今の若い者が、結婚しない、こどもを持ちたがらないから、いびつな人口構成になった」「まだ働きたい、働ける。高齢者を活かせ。」と言う。多くの国では、日本より少ない年収なのに「人生をいかに楽しく生きるか」を個人個人が早い段階で考え、実践して次世代につけを回さない実践をしているのに。

ホスピタリティー・・・12月 朝日新聞の記事 ニューヨーク市観光局長インタビュー
欧米系流のホスピタリティーは「異の受入れ」を重視する。つまり、受取り側(ゲスト)の満足を考える。しかし日本流おもてなしは「我流の提供」、つまり提供側(ホスト)の満足で進められる。と言う内容でした。
私がアメリカ人の家に招かれ、飲み物を尋ねられた時「コーヒー?紅茶?ジュース?ビール?ワイン?水?」と聞かれた。ゲストがその時の気分で選択できるからリラックスでき、ここち良い。日本だと「お茶に和菓子!ドン!すごいでしょ!」。外国人はリラックスできない、ここち良くないでしょう。
最初に自国人(ホスト)が外国人(ゲスト)を受け入れる際、まず相手(ゲスト)を理解すること。つまり異を受入れる事が不可欠です。その次の自国独特のやり方・物・作法・考え方・価値観の「おもてなし」を提供する。外国人にとってここち良くない事もあるでしょう。でも、ホストにホスピタリティーがあればゲストはここち良いでしょう。

路線バスを利用する人(=車を運転しない人、出来ない人)、加齢障害のある人、先天性の障害のある人、外国人、赤ちゃん、これらの人達は生産年齢の健常な日本人とは異なる人達。単一民族国家日本の最大のバリアは、異を理解することができないこと。そー言っている間に、超高齢国になり、公共交通が衰退してしまいました。
f0195579_1842793.jpg
f0195579_1844264.jpg
f0195579_184518.jpg

[PR]
by taiyo-hospitality | 2013-12-18 18:11 | ホスピタリティー | Comments(0)
「お互い様旅行」では4月の「東京」に続いて、11月20日に「美濃の紅葉」ツアーを実施しました。歩きや乗降がゆっくりなのも、足腰が痛いのも、トイレが近いのも、お互い様、がコンセプト。

今回もトイレ付バスを貸切りました。実際、走行中に利用した人は無し。でも、募集時「トイレ付バスなら安心だよね」の声が多く、実際トイレ付バスだから思い切って参加した、と言う人もいます。

高齢者のQOL向上は外出にあり。その外出を促進するには、
①安心感を与えること。
 安心感を与えられただけで、その人の不安事象は起こらなかった。(トイレが心配→トイレ付バス→安心→実際トイレ使わず)
②日々、日常の外出先があること。
 前回も今回も、参加者の多くは、太陽ホスピタリティーの事務所が間借りをしている、地元で60年以上続き洋品店のお客さんです。10代20代の時に服を買いに来た人達が、70歳80歳になった今も服を買いに(おしゃべり?)に来ます。

介護予防はLoss Prevention(損失防止)。高齢者が元気でいる事は、社会的損失の防止です。介護予防行政は、
①日常の外出先としての「個人店舗」「行くための公共交通機関」「付添いヘルパー」
②年数回の「お楽しみ安心バス旅行」
を積極的に進めて頂きたいと思います。

お決まりのデイサービス施設を作り、そこに無料で送迎している現状は・・・、介護認定者を増やすことにお金を垂れ流しているだけです。

高齢者が元気でいられることだけでなく、まち(個人店舗や路線バス等の公共交通機関)が元気でいられることも、社会的損失の防止です。Gerontology(加齢学)の分野での研究・啓発に望まれるところです。
f0195579_832582.jpg

[PR]
by taiyo-hospitality | 2013-12-02 08:32 | 旅行同行サービス | Comments(0)