高齢の方、障害のある方、旅&鉄道ファンなら全員集GO!


by taiyo-hospitality

<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

A君の趣味の「路線バス前展望ビデオ撮影」に付添うようになって1年半。最近は自ら運転手さんに説明して許可をもらうようになった。最初の頃は「山内さん言って下さい」。しばらくして「今日は、自分で言おうかな」。そして、今回は「山内さん、練習するから付き合って下さい」と言って、バスが来る前に、私を運転手さんに見立てて練習。好きな事、つまり人生を豊かにするライフスキル構築が先だと思います。マナーみたいなこと、つまりソーシャルスキル構築は後でもいいじゃん。そして障害者支援制度も、施設に収容して訓練することにしゃかりきになるのではなく、本人達が興味を抱いた一般資源を活用する方法で十分じゃん。

今日の撮影路線バス<総合病院~JR駅~隣市(旧町)の港近く行>での出来事。
①港近く行。乗客5名。駅から乗った買物袋を2つ持った若い中国人女性が途中から席を立ちうろうろ。運転手は危険だから座ってと何度も言うが、もちろん日本語分からず、結局終点まで立っていた。私がバス停の路線図で「どこ?」と聞くと、あるバス停を指差した。中国人だから漢字は読める。6つ先のバス停だった。折り返し便を案内した。もちろん私達もその便に乗車。
②総合病院行き。予想に反して途中から乗車がそれなりにあり、駅に着いた時点で乗客17名。南米系の人、高齢者女性、こども、学生。乗っていないのは、生産年齢層の日本人。
③駅で全員降り、新たに乗ってきた人はろうあ夫婦。降りたのは、4つ目のファストリテイリングまで200M位の所にあるバス停。バスを降り、手をつないで歩いてお店に入って行きました。この店の前の交差点は、週末は駐車場に入りきれない車で渋滞を引き起こす。途中のファストフードのドライブスルー渋滞も道路の1車線をふさいでいた。店周囲への配慮より、売上高。公道上に車列を作る客も客、それを見て見ぬふりで店舗責任者の責任にする経営者も経営者。
f0195579_1642288.jpg

[PR]
by taiyo-hospitality | 2014-01-27 16:44 | ガイドヘルプ紀行 | Comments(0)