自閉症の鉄ちゃん、全員集GO!他の障害や、ちょっと気持ちが落ちてしまった人も、鉄道が好きなら大丈夫!出発進GO!


by taiyo-hospitality

添乗記 特別支援学校 修学旅行②

公立中学校2年生の、神戸・京都・奈良 2泊3日の修学旅行で、養護学級を担当しました。
1日目の昼食は、全体で神戸トアロード沿いの洋館の「本格中華レストラン」。3日目の昼食は、養護学級は単独で、高台寺近くの元旅館を改装した「京風創作料理」。どちらのレストランでも、建物、従業員がしっかりしており、何を言われることなく普通級の生徒も養護学級の生徒も、「しゃんと」していました。佐々木正美先生もよく言われる「問題行動は起こさせた側が反省すべし」に通じます。適切な対応(レストラン従業員)と、事前情報と実際のマッチ(ここでは先生からの情報とレストランの質がマッチ)=裏切らない=ことで生徒が、支援者(先生・従業員)を信用して、しゃんとするのです。よく、パンフレットと実際が違う!なんてありますよね。その時、誰でも腹を立てるのではないでしょうか?
自閉症カンファレンスNIPPON2008の分科会で私が述べた、「鉄道のシステムは裏切らないので、自閉さんは鉄道に信頼を置き、鉄ちゃんになる」と通じます。
[PR]
by taiyo-hospitality | 2009-02-13 22:56 | 養護学校修学旅行添乗記