人気ブログランキング |

自閉症の鉄ちゃん、全員集GO!他の障害や、ちょっと気持ちが落ちてしまった人も、鉄道が好きなら大丈夫!出発進GO!


by taiyo-hospitality

地域に知っている人を増やす

2月から新規で移動支援を利用してくれることになったOさん。行きつけのお店行きました。レジで「Oさん、こんにちわ!」と店員さんから声を掛けられました。
Oさんの支援の後、私が友人とショッピングセンターにあるフードコートで1時間位、話をしていた時の情景です。まだ、夕食には早い時間ですが、その間に高齢男性(おかず持参)が席に座りました。「ピッピ」と鳴りました。注文品を取りに行き持参のおかずとともに食事を始めました。次に入ってきた軽度知的障害と思われる女性(仕事帰り?)も同様の過程を踏み一人で食事を済ませました。やはり注文品の出来上がりは、渡されたビーパーが「ピッピ」。

岩手県一ノ関市で商店街をフィールドに「えぇ町つくり隊」の活動をされている熊本さんが「まちに知っている人を増やそう」と言っていました。まちの構造化です。商店街で活動することの意味は非常に大きいと思います。当事者を知ってくれている昔からのお店や店員さんに支えてもらうこと=まちの構造化=の維持です。フードコートの件も、まちの食堂が健在なら「ピッピ」ではなく、「~さん、おまたせしました」と声を掛けてもらえるのではないでしょうか。

私の願いは、福祉という枠組みの中での活動の拡大・発展ではなく「人がかかわる持続性ある社会」の実現です。
by taiyo-hospitality | 2010-02-11 10:48 | ノーマライゼイション