人気ブログランキング |

自閉症の鉄ちゃん、全員集GO!他の障害や、ちょっと気持ちが落ちてしまった人も、鉄道が好きなら大丈夫!出発進GO!


by taiyo-hospitality

市民後見人養成講座 履修証明書授与式

昨年の10月から、市民後見人養成講座で125.5時間のカリキュラムを履修、本日履修証明書授与式がありました。数日前、事務局より「式で登壇して、特別支援学校学園祭で後見制度啓発活動を行った報告発表をしてほしい」と打診がありました。啓発活動は大したことありませんでしたが、宮内先生の第一回目の講義での「後見人は夢のある仕事」という言葉が頭に残っており、せっかくの機会、安田講堂でもあり、「後見人は夢のある仕事」とからめて発表しようと思いお受けしました。

現在私は、発達障害児者のガイドヘルパー、高齢者も含めた旅行ヘルパーとして直接支援をしています。後見人さんには、被後見人がお出掛け・旅行が好きな人であった場合、「お出掛け・旅行する手段はある」と知って頂きたいです。また、QOLは人それぞれ違います。鉄道好きと言っても、運転席の後ろに立つのが好きな人、駅のベンチから一日中電車の往来を眺めることに満足感を覚える人、いつもの電車に乗りたい人、いつもと違う電車に乗りたい人・・・。スポーツ観戦でも、歌でも、花でも、手芸でも、それぞれの趣味に対して、その人なりの価値観を理解することが大切です。その理解が後見人には必要です。

発表では言いませんでしたが、認知症による本人・家族の機会損失(無駄に消えたお金)は年間10兆円と言われています。金銭管理では「守り」も大切ですが、被後見人のQOLのためにお金を使うということで、本人の安定とそれに伴ってご家族の安定につながり、機会損失も減らすことが出来るのではないでしょうか。後見制度はセイフティーネットではありますが、それ以上に"Loss prevention”の役割があると思います。

f0195579_21402172.jpg
f0195579_21394720.jpg
f0195579_2141196.jpgf0195579_21412151.jpg
f0195579_21404244.jpg

































10ヵ月を振り返ると
雪あり
桜あり
本日は、気温34℃
by taiyo-hospitality | 2012-07-15 21:45 | ノーマライゼイション