人気ブログランキング |

自閉症の鉄ちゃん、全員集GO!他の障害や、ちょっと気持ちが落ちてしまった人も、鉄道が好きなら大丈夫!出発進GO!


by taiyo-hospitality
【2019年6月26日追記】 本日、K-mix静岡(静岡FM放送)のマスタートークのコーナーで「鉄ちゃんサポートマスター」としてお話しました。

ハッピー鉄道学園は鉄道メソッドによる子育てと療育の場です。
モットーは「鉄道が好きなら大丈夫!」
①子育て・・・・・鉄道が好きな男の子に手を焼いているお母さん。安心してください。大丈夫ですよ。
②療育・・・・・・何らかのハンディーのある鉄ちゃん。安心してください。大丈夫ですよ。
③居場所・・・・・生き辛さを感じている鉄ちゃん。安心してください。大丈夫ですよ。
④学習の場・・・・うちの子は電車のことばかり!とイライラしているお母さん。安心してください。大丈夫ですよ。
⑤鉄道趣味の場・・鉄道趣味を思いっきりやりたい子。安心してね。ここなら大丈夫だよ。

さらに、児童精神科医の故佐々木正美先生の「こどもへのまなざし」を参考に、こども及びハンディーのある子の発達を育みます。

ハッピー鉄道学園は、支援でもなく、指導でもなく、療育でもなく、「育みの場」です。<わかりやすく ②療育 としていますが、行為としての療育をするのではなく、こころでそのこどもを育みます>。

鉄道は完璧なシステムです。小さな子でも覚えることができます。そして覚えたことを実際の電車で確かめることが出来ます。

例えば駅名。駅の順番は変わりません。東京・有楽町・新橋・浜松町。絵本に時刻表にも地図にもこの順番で書いてあります、電車に乗ると車掌さんもこの順番で案内して、実際にその順番でこれらの駅が現れます。

例えば路線カラー。山手線は緑。中央線はオレンジ。京浜東北線は青。絵本にも時刻表にも地図にもこの色で書いてあります、駅員さんに色を聞いてもその色で教えてくれ、実際その色の電車が走っています。このことだけでも、色を覚え、文字を覚えます。

先生や親は時々違うことを言いますが、車掌さんはいつも同じことを言います。

こどもの成長は「まね」が基本です。「まね」たことが「当たっている=間違えていない=否定されない」ということは、こどもにとって大きな自信です。

鉄道に興味のないお母さんへ。こどもが「電車来た!」と言ったら「電車来たね」と言ってあげてください。「早い!」と言ったら「早いね」と言ってあげてください。「N700系!」と言ったら「N700系だね」と言ってください。同じ言葉を返してあげることで、安心を得て、自信が付き、お母さんを大切な存在として認識します。
また、「待つ」に付き合ってあげてください。電車は行ってしまえば終わりです。たかだか数十秒です。数分です。待ってくれたお母さんを大切な存在として認識します。いわゆる愛着形成です。

インディアンの教えにもつながります。
・寛容な人の中で育てられた子は我慢強い人になります。<我慢強さは厳しさで養われるのではないんです>
・人にほめられて育てられた子は人に感謝し自分を大切にする人になります。<日本人の自殺率の高さ、自己肯定感の低さ、いがみ合い。日本人はこどもの頃、ほめてもらう経験が少ないです>

鉄道は完璧なシステム。パターンも終始も明確。ウソを付かない、裏切らない。完璧な基礎の上に成り立つ鉄道は学習的な面(認知能力)でも、人間性や社会性の面(否認知能力)でもこどもの成長にとって非常に有益な存在です。

鉄道もインディアンもウソを付きません。

お問合せ先: メール taiyo-h@ma.tnc.ne.jp
       FAX 054-631-9902


f0195579_19592477.jpg
f0195579_19593842.jpg

f0195579_20012535.jpg





f0195579_19503432.jpg

f0195579_19482126.jpg


f0195579_19500507.jpg




# by taiyo-hospitality | 2019-06-24 19:52 | 鉄ちゃんとして

首相官邸

「ひたすらカッコいいロックがやりたくて」
ロックバンド ”サルサガムテープ” を25年前に創設したリーダーかしわ哲氏のコンセプト。

障害者の人生における、「カッコいい」というコンセプトと、「ロック」というジャンルがようやく国に届いた。

障害者が求めるスタイルも、求める職業も、いわゆる健常者と同じ種類・数があっていい。

そもそも障害者と冠を付ける必要の無い世の中になればいい。

そうなると、今後「○○総理と障害者の集い」がなくなっちゃう?


f0195579_08215728.jpg

f0195579_08221256.jpg
サルサガムテープ 私設応援団 山内達仁














# by taiyo-hospitality | 2019-06-01 08:24 | ノーマライゼイション
環境フェスタでのミニ新幹線です。
新幹線と一緒なら環境の勉強も楽しいな!
JRからもお勉強グッズを提供していただきました。

f0195579_09065138.jpg

f0195579_09071009.jpg

f0195579_09075111.jpg

f0195579_09072959.jpg

乗れるミニ新幹線、レンタル(企画・運営)のご用命は、
合同会社太陽ホスピタリティー taiyo-h@ma.tnc.ne.jp FAX054-631-9902 電話090-8422-5972までお願いします。

なお弊社は、鉄道が好きな障害等がある人(ハッピー鉄道学園の生徒)もスタッフに加わっています。 




# by taiyo-hospitality | 2019-05-24 09:12 | ミニ新幹線/新幹線原点の町藤枝
幼稚園で開催した「子育て支援イベント」におけるミニ新幹線です。
地域の未就園児親子と主催幼稚園の園児が乗りました。
最初は「ママと一緒」といっていた未就園児も自然におひとり様乗車が出来るようになりました。

ミニ新幹線レンタル・運営のご用命は、taiyo-h@ma.tnc.ne.jp 090-8422-5972までお願いいたします。


f0195579_20575832.jpg


f0195579_20573777.jpg


f0195579_20581935.jpg


f0195579_20583924.jpg


# by taiyo-hospitality | 2019-04-26 20:59 | ミニ新幹線/新幹線原点の町藤枝

ユニバーサルツーリズム

本日、静岡産業大学での今年度最初のユニバーサルツーリズム論の授業を行った。4年前に始まったこの授業。昨年の倍の履修者。石の上にも3年?「いやいや、3年経てばその分、必然的に高齢化率が上がるし、ビザ緩和でインバウンドも増加する。もはや日本社会の時勢、必須課題で履修するんだよ」と、学生は思っているかどうか?

マクドナルドを考えることがツーリズムか?いやツーリズムかもしれない。ちょうど昨日「日本マクドナルドが静岡県で高齢者をターゲットにした未来型店舗を4月10日から展開する」という報道があった。未来型ではなく、まさに現在型ですよ。この記事(マスメディア)も「高齢高齢化社会を見据えた」と言っているが、日本は65才以上の人口が7%を越えた高齢化社会には1970年に突入、14%を越えた高齢社会には1995年に突入、21%を越えた超高齢社会には2010年、つまり9年前に世界で初めて突入済みです。先日の選挙でもほとんどの候補者が高齢化社会の日本をどうたらこうたらします!なんて叫んでいた。超高齢社会という言葉を知らないのでは・・・?清志朗は日本が高齢化社会であった1990年代に「高齢化社会」という歌を発表している。さすが!

すでに超高齢社会なのに飲食業界の高齢者対応もやっと今スタート。オリンピック会場の最寄り駅の特急踊り子号の案内も...こんな感じ。外国人対応大丈夫?もしや、この手を使う?
Dose this train go to Tokyo? Yes, ODORIKO go!

ユニバーサルツーリズムとは「すべての人が楽しめるように創られた旅行であり、高齢や障害等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行を目指しています」と観光庁のHPでうたっています。

水曜日、9時だよ!全員履修!

f0195579_20202841.jpg

f0195579_20201319.jpg

f0195579_20204851.jpg



# by taiyo-hospitality | 2019-04-10 20:21 | ユニバーサルツーリズム論 静岡産業大学