人気ブログランキング |

自閉症の鉄ちゃん、全員集GO!他の障害や、ちょっと気持ちが落ちてしまった人も、鉄道が好きなら大丈夫!出発進GO!


by taiyo-hospitality

カテゴリ:子育て佐々木正美先生 ( 8 )

佐々木正美先生の姿勢

6月28日は児童精神科医で自閉症理解者の佐々木正美先生の命日。

佐々木先生の言葉
苦手克服より「好きなこと」が出来るように対応する。
自閉症の特性を持ったまま幸せに人生が送れるように対応する。
自閉症の人の立場になって考える。

現状
出来ないことが出来るように訓練する。それでないと社会に出て困るから。社会はそんなに甘くないから。
好きなことばかりやらせないように指導する。それでないと癖になるから。一生困るから。そもそも好きなことをやるってことは甘えだから。

この現状を指摘する機関がない。そもそも自閉症対応の指針を示していない日本。


障害福祉サービスを監督していることになっている行政、発達支援として親支援をしていることになっている行政が「困りごとがあったら相談してください」の窓口を設けている。不適切な対応をしている障害者施設を容認している行政が、直接支援をしたことのない職員が対応。結局、委託先の相談事業所に振るのみ。
しゃべることが出来る発達障害系の人が窓口に行くと・・・行政窓口はそういう対応をしてるんだ。そういうことを言うんだ・・・という不適切対応の情報が本人達から聞くことがある。自閉症の人の立場になって考えるのではなく、制度ありき。多忙や特性(こだわり)を理由に、「今忙しいから」「何度も来ちゃだめだよ」として断る。この人たちが訴えた障害者施設の実態ことは記録に残っていない。本人・保護者への直接支援に関わることなく、その子・その人の一生に関わることなく数年で異動する現状の障害福祉課なのだから、「制度ありきの行政事務処理係(プロ)です」「障害者支援のプロではありません」と公言した方が、公務員のためでも当事者のためでも保護者のためでもある。


それに代わって、自閉症専門直接支援員の強化をすればいい。そのための専門機関が必要。「自閉症だけじゃないんだから」「スタッフが足りないんだから」と平気で言う現場の状況を生み出している制度を作り出し、それをよしとしている国、行政、施設のトップも団体のトップの存在は自閉症の人とその保護者の状態を悪化させるだけ。誰のための障害福祉サービス?行政事務係にあれだけの人数はいらない。


いい加減、自閉症の人の立場になって考えてもいいのでは・・・。


佐々木先生の言葉
人間は、願いが叶うことで人を信頼し、自分を大切にする。

自閉さんも同じ。
信頼できる人がいなくて不安だらけの自閉さんは、自傷行為に走ってしまう。それを問題行動と言われている。この状況を作っている支援者側が問題なのに。


佐々木先生から「TEACCHに出会ってからは、これまでの償いと思って活動しています」と言う言葉を聞いたことがある。先生も当初は国の障害者措置の現場(国立の障害者施設)にいた。国の制度ありき。その制度に従って動いている施設の業務ありき。本人抜き。自閉症特性理解抜き。本人の立場に立って本人の幸せのために寄り添うTEACCHに出会いその普及に努め、個別支援、契約型の障害者福祉サービスに変わったはずなのに・・・・。償いとは・・・。いや、なぜ佐々木先生が償わなければならないのか。


「無理解者は支援から退いて頂きたい」「自閉症の人の様々な問題行動と言われている行動は、かかわっている側に問題がある」。あの温厚な佐々木先生の強烈な言葉。
「自閉症の人は悪意のない人です」。佐々木先生は絶対に自閉症の人を責めない。
これらの佐々木先生の言葉を基にした自閉症にかかわる人の養成を国として始めてもらいたい。



by taiyo-hospitality | 2020-06-30 17:55 | 子育て佐々木正美先生 
鹿児島南薩・日置地域でのユニバーサルツーリズムとしての特別支援学校の教育旅行(修学旅行)を対象とした視察で最終日の最後に訪ねた場所は知覧特攻平和会館。翌日は乗り鉄で静岡に帰る予定だったが、知覧に刺激され視察終了後バスターミナルに向かい、博多行きの夜行バスと乗り継ぎの博多朝一番の長崎行きのバスを予約。翌朝8:30には長崎原爆資料館へ。そして午後は広島平和記念資料館に。

それぞれの施設は個人で、家族で、一般ツアーで、修学旅行でと複数回づつ訪ねたことはある。いまだに心に引きずっているのは、乳幼児~少年をあんな目に会わせた罪。今回24時間で3箇所を訪ねた推進源はそれだったのかも。7ヵ月の赤ちゃんが、3才のこどもが何をしたと言うのか、特攻少年が・・・。長崎原爆投下の8/9は奇しくも長崎原爆の記録員で「焼き場に立つ少年」の撮影者 ジョセフ オダネルの命日。この写真に心を打たれたローマ法王は今年11月に長崎と広島を訪れることになった。

こどもが虐げられていない時代がなぜ築けないのか?「戦争は弱者が虐げられている状態のことで、戦争は武器弾薬を使ったものだけでない」と言った人がいる。武器弾薬の戦争状態ではない今の日本や先進国や新興国も、こどもが虐げられている数々の戦争状態がある。◯◯戦争の類い。受◯戦争、◯済戦争・・・。戦争を行うこと、行っていることに大人が理由をつけても言い訳に過ぎない。

その国の大人がこどもをどのような位置づけをしているか。7月に新興国の公共交通車内で見たこのステッカー。経済発展を目指す新興国にこども優先の発想があるのに、先進国と言われながらいまだ経済最優先を掲げるある国はこども受難時代が永遠と続いている。いや、それだけでなくその国はあらゆる幸福度指数が先進国で最下位だ。

ユニバーサルツーリズムの対象にある『こども連れ』やその他の旅行での立場が弱い人、高齢者・障害者、が虐げられないことがユニバーサルツーリズムの理念。ツーリズム=産業の視点しかない大手が参入してみたものの、なかなか構築できない。こども、障害者は半額=儲からない。その反面、障害者、高齢者はITも苦手、いろいろ手間がかかる。言葉のコミュニケーションが無理な人もいる。人的(数値ではなくその時の気分や波長による)介助介護の必要な人もいる。だからデータ化不能。IT・AI対応不可。もちろん大手は簡単で手早く儲かる「爆買い」対応や、1対1対応で済む翻訳アプリは外国人消費につながるので直ぐ参入しましたが・・・。

しかし、潮流に乗って進められている事柄には十分注意が必要。潮流に乗って進められてきた過去の多くの事柄と同じ結末を繰り返すことなかれ。結末の時に虐げられていた人達の存在を作り出してはいけない。

ユニバーサルツーリズムは弱者を虐げない行動です。ツーリズム(産業・・・数字や勝ち負け判断の行動)では成り立たない、旅行環境創り行動です。


ユニバーサルツーリズムは真の平和社会創り_f0195579_08003220.jpg


ユニバーサルツーリズムは真の平和社会創り_f0195579_08001776.jpg


ユニバーサルツーリズムは真の平和社会創り_f0195579_08335496.jpg



ユニバーサルツーリズムは真の平和社会創り_f0195579_08340760.jpg
ユニバーサルツーリズムは真の平和社会創り_f0195579_08341976.jpg



ユニバーサルツーリズムは真の平和社会創り_f0195579_08402620.jpg




by taiyo-hospitality | 2019-08-31 08:03 | 子育て佐々木正美先生 

ハッピー鉄道学園

ハッピー鉄道学園_f0195579_08112684.jpg
ハッピー鉄道学園_f0195579_08114847.jpg
鉄道好き集まれ!鉄道が好きなら大丈夫!
鉄道を活かした「子育て・塾・居場所・療育」の場です。

「子育て」「塾」
鉄道はどこを切っても子どもの成長に合わせることが出来ます。
幼児期:動くものを追い、色を認識する・・・人間の本能
学齢期前半:分類する・・・図鑑
学齢期後半:追求する・・・乗鉄、撮鉄、音鉄
これの過程で自然に「数字、文字、計算」など認知スキル(いわゆるお勉強)が育ち、実際電車に乗ることで「ルール、我慢、やさしさ」など否認知スキル(いわゆる社会性)が育ちます。

「居場所」
生きづらさのある場合、子どもでも成人でも、鉄道が好きなら大丈夫!
教室の目の前を東海道線が走ります。思う存分鉄道を見てましょう。
気の会う鉄道仲間と会えるかも。

「療育」
ハンディーのある場合、好きな鉄道でハッピーライフを!
鉄道は完璧に構造化・システム化されています。一度覚えれば一生の宝です。

幼児クラス
週一回午前中1時間・親子

小学生低学年クラス・小学生高学年クラス
週一回午後1時間

その他、支援クラス・マニアクラス・個人クラスがあります。

教室は藤枝駅北口徒歩3分。戸建て、目の前は東海道線です。

問合せ: taiyo-h@ma.tnc.ne.jp
  


by taiyo-hospitality | 2019-03-21 08:12 | 子育て佐々木正美先生 
佐々木正美先生の月命日

佐々木正美先生のまなざし

一般子育て
・過保護のすすめ。過保護(欲求や要求を十分受け入れること)してもらえたことで、自分は大切にされる対象という自己肯定感が生まれ、自分を、そして相手を大切にする人間になる。

・基礎の大切さ。基礎工事の出来ていない高層ビルを想像してみてください。1年や2年の遅れなんて人生80年で考えたら何でもないのです。最初からできれば幸せですが、後で気が付いた場合(こどもに不具合が生じた場合)はその時点でやり直せばいいのです。学校名・企業名は上っ面です。人間としての基礎が大切です。

自閉症
・自閉症は文化である。支援者の方から彼らの世界や文化に近づき、入り込む努力をしなければならない。不適切な行動が出た時は、かかわった側がかかわり方を反省すべき。それが出来ない、いっしょうけんめいな無理解者は支援から降りて頂く。

・自閉症の人の言動には悪意が無いんです。自閉症の人はウソがつけないんです。


28日 佐々木正美先生の月命日_f0195579_19002854.jpg

28日 佐々木正美先生の月命日_f0195579_19004529.jpg


28日 佐々木正美先生の月命日_f0195579_19010236.jpg

28日 佐々木正美先生の月命日_f0195579_19011791.jpg
「絶対はない、正解はない、でも佐々木先生の言っていることに否定できるところはありません」という書評。

28日 佐々木正美先生の月命日_f0195579_09082669.jpg


28日 佐々木正美先生の月命日_f0195579_09081337.jpg









by taiyo-hospitality | 2018-01-28 19:06 | 子育て佐々木正美先生 

僕は嫌だ!

僕は嫌だ!_f0195579_08453597.jpg
「僕は嫌だ!」

恥ずかしながら、昨年の紅白歌合戦で初めて欅坂46の「不協和音」を知った。しかし2018年2月のこの記事をUPしていた。

「嫌なら嫌と言っていい」

自閉さんは聴覚過敏と言われている。そうだろうか?

支援者の不適切対応から逃れているだけなのでは・・・、と自分はずっと思っている。

こうしなさい、ああしなさい、何やってんのっ! いいからっ! ダメ! それはやらない! 早くっ! またぁ~。

彼らは何をやっても1年365日これらの言葉がシャワーのように浴びせられる。

言葉のない自閉さんは「僕は嫌だ」と言えない。

逃れる手段は「耳ふさぎ」。

よーく観察していると彼らは、支援員から「こうしなさい、ああしなさい、何やってんのっ!いいからっ!ダメ!それはやらない!早くっ!またぁ~」の言葉が出るであろう0.5秒前に耳をふさぐ。そして、大好きな行動に出て、そしてあの言葉から0.1秒でも早く離れるために駆け出して逃げて行く。そして間違いなく100%の確率で支援員から「何やってんのっ!いいからっ!ダメ!それはやらない!早くっ!またぁ~」の言葉が出る。

言葉の技のない人が自己防衛として身に着けたこの解放要求行動は「問題行動」と呼ばれてしまっている。ダウン症の人に多く見られる、嫌なのに相手に合わせる「いい子」行動も、「本当は嫌なんだよな」の限界点に達すると退行症状となって解放を訴える。

タモリが言っていた。『「はなせばわかる」。「話す」? いや、「離す」「放す」です』と。

嫌なことから離れる能力、つまり安全確保は動物として生きるための本能ではないでしょうか。その本能を規制されたら・・・。

彼らと付き合う人(支援者)として、彼ら嫌なことから放してあげる人になりたい。
支援なんていらない。付き合ってあげるだけでいい。
訓練なんていらない。彼らは出来ている。やり方が一般健常日本人と違うだけ。




by taiyo-hospitality | 2018-01-05 08:52 | 子育て佐々木正美先生 
太陽ホスピタリティー事務所の入口には2段の階段があり扉の向こうに、ドラえもん、フナッシー、キリン、サル、N700系と、トーマスとがたんごとんの絵本をディスプレイしてあります。ヨチヨチ歩きのこども~幼稚園児位のこどもってこの階段を上がりたがるんですよね。そして、自分のお気に入りのキャラに話掛けていくんですよね。それに付き合う子育てって素晴らしいと思います。

<アメリカインディアンの教え>
心が寛大な人の中で育った子は、我慢強くなります。
人に認めてもらえる中で育った子は、自分を大事にします。
仲間の愛の中で育った子は、世界に愛を見つけます。

<佐々木正美先生の教え>
自然な成長の大切さ

佐々木正美先生の教え、アメリカインディアンの教え_f0195579_1451234.jpg
佐々木正美先生の教え、アメリカインディアンの教え_f0195579_14504984.jpg

by taiyo-hospitality | 2015-01-27 11:07 | 子育て佐々木正美先生 
佐々木正美先生 子どもへのまなざしを読む会_f0195579_9164494.jpg

by taiyo-hospitality | 2013-05-16 09:17 | 子育て佐々木正美先生 

ねーねーお母さん聞いて

事務所の4軒隣に、名古屋発祥で全国チェーンの喫茶店がある。

GW初日の朝、事務所の前の道路から
「ねーねー、お母さん聞いて!」と女の子の声が。そして「すごーくおいしかった!」。

GWだからできる、いつもと違う朝食がよほど嬉しかったのでしょう。
「おいしかった」の本当の意味は、「嬉しかった」「ありがとう」だっだのかな?だって、トーストとゆで卵だけなんだから・・・。

只今、佐々木正美先生の子育て論を猛勉強中。満足いっぱいのこの子は、自律できる子になるでしょう。

親が自分に嬉しいこと・楽しいことをしてくれた。親は、そのようなことをしてくれる大人なんだ。自分は、そのようなことをしてもらえるに値する子なんだ。

自己肯定感が芽生え、自分を大切にし、親・他人も大切にし、将来のこどもにも同じことをしてあげて大切にすることでしょう。


ねーねーお母さん聞いて_f0195579_17275193.jpg

by taiyo-hospitality | 2013-04-27 17:28 | 子育て佐々木正美先生